不妊治療体験談人工授精

【体験談】不妊治療という暗くて長い迷路から出た先の妊娠。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

結婚しても避妊

25歳で結婚し子どもはまだまだ先でいいと思っていました。

仕事も好きだし、今をしっかり楽しみもう!と主人と旅行も思う存分していました。

もちろん避妊も欠かさずに生活していました

結婚して5年、周囲はいつの間にかみんな子持ちになっていました。

避妊しなくても妊娠しない

実は避妊を辞めればすぐに妊娠すると思っていました。

健康には自信があったし、焦らなくてもいい、と思いつつも避妊を辞めて2年を過ぎこのままで大丈夫なのかなそろそろ真剣に考えたほうがいいのかな迷い始め主人と何度も話し合いました。

主人はいつかは子供を持ちたいという気持ちがあったようでした。

そこで産婦人科に産める体かどうか見てもらいに行こうと2人で病院へ行きました

実は家族に不妊の妹がいるのです。

まだ20代の妹が妊娠を希望しているにもかかわらず2年近く不妊に悩んでいたことでもしかして私も?と不安になったからです

初めての婦人科は不妊外来専門

病院へ行って3ヶ月間つけた基礎体温表を見せると先生はちゃんと高温期低温期あるから大丈夫だよといってくれました。

ただ排卵までが長いから排卵障害は若干あるとのことでした

まずはタイミング法からやっていこうとのことでまさか通うことになるとは思っていなかったですがこの機会にやってみようと始めることになりました

この婦人科は不妊外来専門で家から1時間半かかる場所にあり私はフルタイムで働いていたため場合によっては週3回通うこともある治療はとても大変なものでした

短期間で有給休暇はあっという間に無くなってしまいました。

タイミング法だけでもこんなに大変なのに高度治療の体外受精などする方は仕事なんてできないと思います

卵子を成長させる薬を飲みながらタイミングを3回ほど行いましたが妊娠せず仕事と治療と家事の両立さらに妊娠しないというストレスや悲しみで一旦治療を中断しました

不妊治療という暗くて長い迷路

不妊治療というのはとても残酷なもので頑張ればできるものではありません

いつ授かることができるのか先の見えない真っ暗な迷路に迷い込んだようでした

それなのに外に出ればたくさんの子どもや赤ちゃんに出くわします。ほかの家族の幸せそうな笑顔を見るたび先の不安治療費の不安など押しつぶされそうでした

半年休んだこのままでは本当に授かれないかもしれないと治療を再開し自ら人工授精を申し出ました

主人の精子の運動率や数が少ないことは最初の検査のわかっていたことなので人工授精の方が確率が上がると思ったからです

正直、なかなか踏ん切りがつかず迷っていましたが再開と同時に決心しました

1回目の人工授精ではやはり運動率や数など少なかったですが良い精子を選んで注入する期待していましたが妊娠しませんでした

2回目の人工授精では私の仕事の都合で排卵前に病院に行けなかった今回はタイミングだけにしようと言われ泣く泣く諦めタイミングをとりました

排卵後に行為をしてから病院へ行くとフーナーテストで今回の精子は数も運動率もこれまでと全然違うこれは期待できますよ言われました!

そして、このタイミング法で妊娠することになったのです

体外受精の話までしていたタイミングは合わせたとはいえこうやって自然に授かれるとは思ってもいませんでした

妊娠して病院へ行かなくても良いあの迷路から抜け出せたということが妊娠と同じくらい嬉しかったです

不妊治療は精神的なダメージがすごくうつなのか疑うほどでした

パートナーの支えと協力がなければ絶対に乗り越えられないものです

まだ妹は授かれていません

妹が授かれることを祈っていますが本当に不妊は残酷です

今、不妊で悩む人たちがみんな笑顔になれることを願っています。

The following two tabs change content below.
妊娠応援団編集部まとめ

妊娠応援団編集部まとめ

妊娠応援団編集部に寄せられた妊活・不妊治療体験者の貴重な体験事例をまとめました!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*