ふたり目不妊タイミング法不妊治療体験談体づくり妊活体験談

【体験談】二人目不妊とは?まず二人目不妊であることに気づくことが大切

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ふたり目が欲しい

2人目がほしいなと思ったのは、上の子が生まれて一年経ったころでした。

上の子を産んだ産婦人科では、生理が始まる前から妊娠する可能性があるので、セックスを開始するときは避妊するようにと言われていました。

我が家でも最初は避妊をしていましたが、そろそろ2人目がほしいと思うようになった頃から、避妊することはやめて自然にするようにしていました。

上の子はすぐに出来たのに

正直なところ、避妊をしなければすぐに妊娠できるものだと思い込んでいました。

上の子を妊娠できたのだから、2人目もすぐできると期待していました。

しかし、一向にできる気配がありません。

夫婦生活は、3日に1回くらいのペース、特に排卵日を意識はしていませんがでした。

それでもこのくらいの回数の夫婦生活があれば、いつできてもおかしくないと思い込んでいました。

特になにか意識するわけでもなく、2年半の間は普通に過ごしていました。

子どもの成長と変わっていく環境

その間に上の子は3歳になっていました。

そうしているうちに、周りのママ友は、どんどん2人目の話題になってきました。

早い人はすでに生まれていました。

もうすぐ出産の人やおなかの大きくなってきた人、妊娠したと報告してくれた人などです。

どんどん取り残されたような気持ちになり、塞ぎ込むことが多くなってきました。

どうして私だけできないのだろう・・・

そんな問いかけを自分に繰り返していました。

ママ友のアドバイス

1番仲の良かったママ友は、上の子を病院で不妊治療をして出産していました。

今までに2回の流産の経験もあります。

心強い味方でした。私も病院へ行った方がいいのかなと相談したところ、“妊活にストレスを感じていないか?”と聞かれました。

よく考えてみると、塞ぎ込むことも多く、セックスの目的がふたり目が欲しいという思いだけだったように思い返されました。

一人目がすぐに出来たから、という理由で妊活に対して安易に考えてしまっていたので、まず病院に行き、検査を受けました。

そこでは問題もなく、タイミング法を勧められました。

二人目不妊を受け入れる

病院に行ったことで、妊活に対して自分の気持ちも整理されました。

どうして自分が妊娠できないのか、巷でいわれる二人目不妊だということが受け入れられなかったのです。

二人目不妊が特殊ではなく、悩んでいる人が多くいるということも励みになりました。

二人目不妊を受け入れ、妊娠しやすい体作りを目指す

タイミング法も大事ですが、自分でも妊娠しやすい体作りをすることにしました。

毎日上の子を連れて散歩に行き、のんびりとした時間を過ごしながら歩きました。

減塩、葉酸のサプリメントなどで食事に気をつける

食事にも気を付けました。栄養バランスを考えて、だしを濃くして減塩に努めました。

加えて、葉酸のサプリメントも飲み始めました。

葉酸は赤ちゃんの体だけでなく、ママの体にも重要な栄養素だからです。

水溶性のため、食事だけでは十分な量を摂取するのが難しいことがわかりました。

妊活は、自分だけでなく、主人にも主体的に参加してもらいました。

排卵日をいって夫婦生活を行いました。

妊娠したいと思いながらではなく、主人のことを好きだという気持ちで抱き合いました

すると、女性ホルモンの分泌が活性されるような感じがしたからです。

主人も、体から温かいものを感じると言って、抱きしめてくれました

それから1年後、ようやく妊娠できました。

念願の2人目でとてもうれしかったです。

1人目が自然に授かったからといって、2人目も自然に簡単に授かるとは限りません。

不妊かな?と思ったらまずは検査を受けてみることをオススメします。

The following two tabs change content below.
妊娠応援団編集部まとめ

妊娠応援団編集部まとめ

妊娠応援団編集部に寄せられた妊活・不妊治療体験者の貴重な体験事例をまとめました!

コメントを残す

*