男性不妊男性不妊

男性不妊とは?不妊症の約半分の原因は男性だった?!その原因と対策をまとめてみました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

そもそも不妊症とは?

 「不妊」とは、妊娠を望む健康な男女が避妊をしないで性交をしているにもかかわらず、一定期間妊娠しないものをいいます。日本産科婦人科学会では、この「一定期間」について「1年というのが一般的である」と定義しています。

出典:日本産婦人科学会

つまり不妊とは、「妊娠を望む健康な男女が避妊をしないで性交をしているにもかかわらず、1年間妊娠しない」という状態のことです。

日本産婦人科学会によると、不妊のカップルは約10組に1組と言われていますが、近年、妊娠を考える年齢が上昇していることもあり、この割合はもっと高いとも言われています。

男性が原因の不妊の割合とは?

“妊娠しない”“妊娠できない”という現実がある場合、考えられるのは男女どちらかに問題がある、もしくは男女どちらにも問題がある、という状況です。

しかし、不妊の原因の場合、なぜか女性の問題のように考えられがちですが、WHO(世界保健機関)が発表した不妊症原因の統計では、不妊症の原因の約半分(48%)は男性側に問題があるという結果になっています。

不妊症の原因は41%が女性側、24%が女性男性ともにあり、24%が男性側、11%が原因不明

infertility-rate

出典:浅田レディースクリニック

男性不妊についてはこちらの記事でも書いています。

「妊娠しない理由は女性だけじゃない!男性不妊を知っていますか?」

男性不妊になる原因

近年このような男性が原因の不妊が増えていると言われていますが、なぜ男性不妊になるのでしょうか?

1.乏精子症

その原因の1つは「乏精子症」と言われるもので、文字通り精子の数が少ない状態のことを指します。

自然妊娠には精子の数が4000万以上あることが望ましいとされていて、2000万以上あれば正常です。

つまり乏精子症は正常値の2000万を下回っている状態ということです。

乏精子症の原因としては、精索静脈瘤や造精機能障害などが挙げられますが、詳細に検査をしても全く原因がわからないことも多いです。

2.無精子症

次に挙げられるのが「無精子症」というものです。

こちらは精液の中に精子が見当たらない状態のことを指します。

ただし、無精子症にも2種類あり、精子は作られてはいるが、通路が塞がれている閉塞性のものと、精子そのものが作られていない非閉塞性のものです。

閉塞性のものだと手術で回復することがありますが、非閉塞性に関しては回復が難しいことが多いです。

3.精子無力症

「元気な精子の数が少ない状態」、それが精子無力症と呼ばれるものです。

具体的には、前進する精子が50%未満、または高速で直進する精子が20%未満の状態のことを指します。

先天的、または後天的に精子を作る機能が低下している可能性があります。

もしくは無精子症のように通路が多少塞がれてる状態の場合もあります。

4.勃起障害(ED)

thumbs-up-hand-people-black-and-white

いざという時に十分に勃起しない、もしくは勃起が続かない状態のことです。

男性が性交渉に神経質になっていることが原因のパターンが多く、子作りを意識しすぎてEDになってしまうことがよくあるようです。

勃起障害(ED)に関してはこちらで詳しくまとめています。

「男性諸君!不妊の理由は男性かも!?ED・勃起障害を防ごう」

どうやって男性不妊と分かるのか?

それではどうすれば男性不妊とわかるのでしょうか?

勃起障害(ED)に関しては自覚症状もあるのでわかりますが、乏精子症などは検査をしてみなければわかりません。

男性不妊の判断チェックとして、「精液検査」というものがあります。

精液検査とは?

精液検査のやり方としてはマスターベーションによって射精した精液を規定の容器に入れて病院に持参すればOKです。

検査可能な期間や、保管の温度などがありますので、医師との相談の上、指示にしたがうようにしてください。

精液検査や男性の不妊検査の体験談はこちらから

【体験談】男性の不妊検査に行ってみよう

【体験談】デリケートな男性が陥りがち?男性不妊の体験談。

どうして男性不妊になるの?

man-male-model-person-young-people-adult

男性不妊になる原因としては、大きくわけて精神的なものと、先天的なもの、後天的なものにわけられます。

勃起障害に関しては精神的な部分が原因の場合には、回復も可能ですが、生まれつき精子が少ない場合など、改善が難しい場合も多いにあります。

後天的なものの原因としては、食事であったり、運動量であったり、精巣の温度状態など多岐にわたります。

男性不妊を改善するには?

男性不妊の改善にはどうしたらいいでしょうか?

1.睾丸(精巣)を体温より低い温度で保つ

精巣が精子を作り出すには、睾丸を体温より数度低い状態を保つことが最適です。

ですのでぴったりとしたブリーフやボクサーパンツ、スキニージーンズは熱がこもるためあまりオススメできません。

オススメは開放感のあるトランクスや、昔で言えばふんどしなどが良いということです。

またノートパソコンを使用している人は、外出先でパソコンを使う際は膝に載せて使用することが多いと思いますが、股間をパソコンの熱で暖めてしまうので、控えた方が良いでしょう。

2.頻繁に射精をし、精子の作る量を増やす

射精が少なければ、精子を作る量が抑制されます。

なぜかというと、古い精子を排出しないと、新しい精子が作られないからです。

男性不妊防止のためにも、積極的に射精をして新しい精子を作るべきです。

3.食事やサプリメントで栄養素を補給

当たり前ですが、精子を作るには栄養素が不可欠なので、栄養のしっかりとした食事や、サプリメントで栄養素を取ることをおすすめします。

まとめ

いかがでしょうか?

男性不妊については、精子の有無や数、運動量の問題ということが大きい原因として挙げられます。

女性の方で「いくら妊活に取り組んでも結果が出ない」と思われている方や男性の方でも「なかなか子供が出来ない」と思われている方、実は男性が原因の場合も非常に多いのが現状です。

是非、「もしかしたら」という可能性があれば、一度精液検査を受けてみることをおすすめします

男性不妊の精液検査に関しては、こちらの記事でまとめています。

男性不妊かも?と感じたら。男性の不妊検査ってどうやるの?治療方法は?

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*