男性不妊

妊娠しない理由は女性だけじゃない!男性不妊を知っていますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不妊は女性だけの問題?いいえ、違います!

“妊娠しない”“妊娠できない”という現実がある場合、考えられるのは男女どちらかに問題がある、もしくは男女どちらにも問題がある、という状況です。

しかし、不妊の原因の場合、なぜか女性の問題のように考えられがち。しかし、およそ4割は男性側に問題があると分かっています。このことを男性不妊と言います。

妊娠には元気な精子が不可欠!

妊娠が成立するうえで必要なものは“卵子”“精子”“子宮”です。この中でどれが欠けても妊娠は成立しません。しかし、ただあればいいというわけではありません。

“精子”であれば受精能力のある精子が必要なのです。

妊娠を望んでいるのになかなか赤ちゃんが出来ない、という悩みを抱えている夫婦でも女性側は検査を受けているのに男性側は検査を受けていないという方が多くいます。

妊娠しないのは女性のせい、とばかり思いこんでいる人が多いのです。

卵子や子宮があるだけでは妊娠しないことと同様に、精子もあるだけでは妊娠しないのです。そして精子は射精したからといってあるとは限らないのです!

女性が何年も病院に通い、最終的に男性側に原因があった、という場合も多くあります。妊活・不妊治療どちらも出来るだけ早い対応が求められます。最初の段階でパートナーと一緒に検査を受けましょう。

男性不妊の検査ってなにをするの?

男性側の不妊検査において必要なモノは“精子”です。

病院に行き、精子を提出することで検査を行うことが出来ます。不妊治療の専門医あるいは泌尿器科で検査を受けることが出来ます。

女性側の検査に比べて簡単な検査ではありますが、検査を行う環境によって男性がハードルを感じる場合もあるので、検査を受ける前に病院に「採精室」があるか確認することをオススメします。

採精室がない場合、人の出入りがある一般トイレでの採取を求められる場合も….男性も女性もストレスを少しでも少なく、検査を受けられるようにしましょう。

提出された精子は数や運動率、生存率などの詳細な検査を行います。

運動率が極めて低い場合などは女性側に全く問題が無くても、精子が卵子に無事辿り着くことが難しく自然妊娠の可能性は期待できません。

現状が分かれば、治療や次のステップとして人工授精や体外受精、顕微授精を考えることが出来ます。

女性だけでなく、男性も検査を受けることが当たり前だと考えられるのにはもう少し時間がかかるかもしれませんが、妊娠はパートナーと一緒に考えるものです。

一緒に取り組んでいきたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*