妊活ライフ

妊娠体質になろう!今からできる生活スタイル4つの約束

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ストレスフリーな生活が妊娠力のカギになるって知っていますか?

妊娠において大切な卵巣や卵子の老化を止めてしまうことは現在の医療では難しいとされています。

しかし、健康的な生活を送ることで少しでも質の高い卵子を育てて排卵させることは可能です。

体に大きな影響を与えるとされるストレス、まずこのストレスから解放されることが妊娠体質になるうえで不可欠となります。

ダメ、ぜったい!喫煙はNG!!

喫煙によって、女性は卵胞の数、男性は精子の数が各々減少することがわかっています。

さらに、妊娠しても流産や早産のリスクがアップします。出産しても低出生体重児になるなどの報告もあります。

本人の喫煙だけでなく、受動喫煙でも同様の害があるので妊娠を望むならばパートナーも一緒に禁煙することが大切です。

しっかり眠れていますか?良質な眠りが必要です。

良質な睡眠とはなんでしょうか。脳や体の疲れを取り、ホルモンバランスや体のリズムを整える睡眠が良質な睡眠です。

睡眠不足や不規則な睡眠は自律神経の乱れに繋がり、ホルモンバランスの乱れを招くことも。早寝・早起きの朝型生活を心がけましょう。

カラダ、冷えていませんか?

血流が滞ることで体に冷えが生じます。

この冷え、冷えているということだけでなく、免疫力の低下や内臓機能・基礎代謝の低下などを招く万病の元といえます。

食べ物や飲み物が体に冷えをもたらすこともあります。

衣類の締め付けや運動不足、ストレスからも体を冷やしてしまうので冷えが気になる方は半身浴など冷えを取るように心がけましょう。

あなたのBMI値はどのくらい?BMIは25未満に!

なんと肥満によってホルモンバランスが崩れるって知っていますか。

ホルモンバランスが崩れると無排卵などの排卵障害が起こりやすくなることも。

女性同様、男性の肥満も精子の運動率の低下や勃起障害の原因になるともいわれています。

男女ともにBMIが25を超えないように節制をすることが必要です。

ちなみに痩せすぎもホルモンバランスが崩れるので、適正値を目指しましょう!

<BMIの計算方法>

BMI=体重[kg]÷(身長[m])2

BMI18.5~25未満が普通体重、25以上が肥満、18.5未満が低体重となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*