体づくり妊活ライフ食事の話

食生活で体を見直し!妊娠に備えよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃんを育むための食事ってなんだろう?

妊娠力を高める上で重要なのは母体の状況。肥満や痩せすぎは大きく影響を及ぼします。

普段の食生活から作られる体だからこそ、日々摂るものを考えておきたいですね。

そのポイントは3つ。

(1)毎日規則正しく3食摂る

食事と食事の時間が長く空きすぎてしまうと空腹状態が続いてしまい、次に食事を摂った際に血糖値が急激に上がってしまいます。

そのことが肥満の原因になることもあるのできを気を付けましょう。

食事の代わりに間食で済ませている方も要注意です。規則正しく食事を摂りましょう。

(2)食品添加物を出来るだけ避ける

食品を買う際にのパッケージの裏面を見ていますか?加工食品などに使用されている保存料や合成着色料、甘味料など人工的に作りだされたものを摂取し続けているとホルモンバランスが崩れるなどの害があるかもしれません。

全く入っていないものは難しいかもしれませんが、出来るところから少しづつ気を付けていきたいですね。

(3)体を冷やす食事や飲み物を摂りすぎない

夏、暑いからといって冷たいジュースを一気に飲んだりしていませんか?

氷の入った飲み物やアイスクリームだけでなく、甘いお菓子にたっぷり使用されている白砂糖も体を冷やす食品の代表です。

暖かい地方や国が産地の食べ物も体を冷やす作用があります。難しく考えず、旬の食べ物を摂るようにしましょう。栄養がたっぷり詰まっています。

ほかにも気を付けたいものがトランス脂肪酸

 

市販のお菓子や菓子パンに使用されているのが白砂糖だけでなく、トランス脂肪酸を含むマーガリンやショートニング。このトランス脂肪酸、悪玉コレステロールを増やすなどの悪影響も報告があるとか!

甘いものの摂りすぎには気を付けましょう。

意識して摂りたいおすすめ栄養素7選

 

・たんぱく質

筋肉や皮膚内臓や皮膚など体の全ての組織を作るための大切な栄養素です。赤ちゃんの元となる卵子にも欠かせない成分なので良質なたんぱく質を摂りたいですね。

・鉄

毎月の生理で大量に失われ、不足しがちな鉄分。鉄分は体中に酸素を運ぶ大きな役割を担います。

・カルシウム

赤ちゃんの骨や歯を形成するために必要なカルシウムは母体であるお母さんの骨からとられます。

そのため、妊娠の準備期間のうちからしっかりと摂りましょう。

自律神経の調整作用もあるので、イライラしないためにも忘れずに摂りたい栄養素です。

・ビタミンA

免疫力を高める効果があり、子宮の内膜も整えてくれます。

動物性ビタミンAについては過剰摂取すると胎児に悪影響を及ぼすこともあるので用量に気を付けましょう。

・葉酸

ビタミンB群の一種ではあるが、名前を聞いたことがある方も多いのでは?脳神経や細胞のDNAの形成において必要な栄養素です。

胎児の脳を作るのにも必須で妊娠前から積極的に摂取することをオススメします。

・亜鉛

別名セックスミネラルとも呼ばれ、体の成長や生殖活動に必要な酵素の構成にも関わる栄養素です。男女ともに摂取したい栄養素です。

・ビタミンE

高い抗酸化力を持ち、酸化によって影響を受けがちな卵子の質を高めるため、妊娠力アップに活躍してくれる栄養素です。

妊娠において効果的な栄養素もひとつだけでその効果があるのではなく、そのほかの栄養素と組み合わせて摂取することが大切です。

食材の種類を増やすことで多くの栄養素を効率よく吸収することが出来ます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*