基礎体温

今さら聞けない!基礎体温の測り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

基礎体温とは

基礎体温とは人間が生きてくために必要な最低限のエネルギーを使っているときの体温を指します。

寝起き直後、身体が一番安静な状態にあるときの基礎代謝だけが反映された体温なので一般的な体温とは異なります。

基礎体温の測り方

基礎体温はちょおとした小さな動作でもすぐに上がってしまいます。そのため、寝起き直後のタイミングで測らなければなりません。

ポイントを守り、正しい基礎体温を測りましょう。

1. 準備しましょう

基礎体温計を準備しましょう。

基礎体温は通常の体温計ではなく、小数点第二位まで測れる(表示できる)基礎体温計が必要です。

基礎体温は低温期と高温期で微細な違いしかありません。そのため、正確に諮りましょう。

2.起きたらすぐ!

本来、基礎体温とは一番省エネルギーな状態つまり寝ている状態の体温を指します。

しかし、寝ているときに体温を測ることが出来ないので、寝起きすぐに測ります。体を激しく動かしたりしないように気を付けましょう。

3. 口の中のどこで測るの?

基礎体温計は下の裏側にある筋の根元の筋に合わせて測ります。

舌の上で測ると正しい測定が出来ないので気を付けましょう!計測中はしっかりと口も閉じましょう。

4. どんな状態で測るの?

寝起き起き上がらずに、布団の中で寝たままの状態で測りましょう。

睡眠不足や飲酒をした後では正しく測れないことがあります。

排卵日を正しく知りたい方はしっかり睡眠をとり、正しく基礎体温を計測しましょうね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*