子宝スポット

【富山の子宝スポット】小川温泉・子宝の湯

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

富山県は3000m級の山々が連なる立山連峰から、水深1000mを越える富山湾に至るまで、高低差4000mの変化に富んだ地形を有していて、美しく豊かな自然環境に恵まれており、様々な絶景を見ることができます。

また、世界遺産や国宝など、歴史的に価値ある建築物もたくさんあります。海の幸が豊富な富山湾を有しているため、グルメも充実しています。

子宝の湯、小川温泉

富山県朝日町にある「小川温泉元湯・ホテルおがわ」は、明治19年に温泉宿として創業した、なんと120年もの歴史を持つ由緒ある温泉です。

美しい山々や静かなせせらぎの小川など、四季折々の自然に囲まれた理想郷のような地。

そして、ここ小川温泉元湯に浸かった女性から「小川の湯で子供を授かった」という声が少しずつ上がり、いつしか「子宝の湯」と呼ばれるようになりました。

天然記念物にも指定されている「天然洞窟野天風呂」をはじめ、五つのお湯めぐりが体験できる朝日町へぜひ訪れてみましょう。

元湯のある「ホテルおがわ」には、大浴場のほかに湯の華が凝固した洞窟風呂、大自然に囲まれた野天風呂・岩風呂など、趣向を凝らした豊かな温泉があり、訪れる人々を癒し、楽しませてくれます。

日常から離れ、豊かな自然に抱かれてゆったりと湯に浸かれば、心も身体も癒されることでしょう。

温泉は、「炭酸水素塩泉」であり、効能として「神経痛・リウマチ・婦人病・冷え性・不妊症・痔疾」などに良いとされています。

また、浸かるだけでなく「飲用効果」もあり、主な効能は胃腸病・便秘・糖尿病などで、「吸入効果」としては慢性気管支炎や咽喉炎などにも効果があるとされています。

そして、これこそが「子宝の湯」と呼ばれる由縁でもあります。

この「炭酸水素塩泉」とは、一度入ればずっとポカポカと体が温まった状態を保つお湯であり、男性と比べて体質的に冷え性に悩まされる女性が多い中で、血行を良くして、引いては肌の状態や体調自体を良くするという優れた効果があります。

炭酸温泉入浴は体に負担をかけることなく血流量を増やす事もできます。

貧血気味の女性の体の組織循環が改善され、そして老廃物も顕著に下げる働きもあります。

こういった数々の物理的な効果や、自然に囲まれたリラックスできる環境、湯めぐりのできるゆったりとした精神を癒す効果。

そして、たけのこ・ぜんまい・きのこなどの山の幸や、清流で育った岩魚の塩焼といった川の幸。

さらには天然のいけすと呼ばれる富山湾のベニズワイガニ・ブリ・甘エビといった海の幸によって栄養素を補給、英気を養う効果も相まって、一層子宝に恵まれるという効果を作り出していると言えます。

この他、「本尊薬師如来」が安置されている薬師堂にて、堂守である「吉祥院住職」による各種祈願を受けることができます。

もちろん、「子宝祈願」や「安産祈願」、そして身体堅固や息災延命・心願成就・学業成就などもあります。

事前に祈願予約をする必要がありますが、ぜひ訪れた際には依頼してみてはいかがでしょうか。

富山県魚津市にある北山鉱山にある子宝の湯。

慶応3年、四代目仁右衛門の時の話です。

妻が産後の肥立ちが悪くて病に伏していた時のこと、夢枕に立つ人があり、その人に言われた通りに、神社の祠の後ろから湧き出ている水を飲ませたところ回復したと言い伝えられております。

それが方々に伝わり、「子宝の湯」として知られるようになったのです。

ここは単純泉で、神経痛や冷え性などに良く、体がとても温まります。

近くの神社は、少彦名神社といい、薬や医術の神様でもあります。

神社で手を合わせ、この温泉に浸かることで子宝に恵まれるといわれています。

富山県は暮らしやすい県としても有名で、その大きな理由の一つが子育て環境・生活環境の充実。

子どもが自然に触れ合う機会に溢れている上、待機児童はゼロ、教育レベルも全国トップクラス。

さらには、住宅地・家賃をはじめ物価が低いことから、生活費にもゆとりが生まれます。

子どもを授かり、子育てするには素晴らしい環境といえますね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*