体づくり妊活体験談食事の話

【体験談】妊娠力UPには体を温める食事が最適!ポイントはホルモン分泌の促進

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

妊娠を目指すなら体を温める食事心掛けて

体が冷えると血流が悪くなるため妊娠に重要な女性ホルモン黄体ホルモン分泌が減り妊娠しにくい体になってしまいます

妊活に冷えは大敵です体を温めて血流を良く冷えを取ること妊活をするうえでとても大切になります

そこで毎日の食事では体を温めるために出来るだけ生を避け火を通してから食べることがポイントです

また体を温める食材としてしょうが青じそねぎなど一般的に薬味として使われるような食材やにんじんトマト赤身の(サバやサケ)、牛肉の赤身などの赤色の食材おすすめです

これらの食材には老廃物を排出したり血液を作りだして血行を良くする効果あるので妊活中は積極的に取りたいですね

ホルモン分泌を良く女性機能をUPさせよう

女性ホルモンは妊娠や出産など女性特有の機能を高める働きをしており妊娠を望む女性には必要不可欠です

特に黄体ホルモンは受精卵が床しやすくしたり月経周期を整えたり妊娠を継続させる働きを持っています

ホルモン分泌を良く妊娠しやすい体にするためにはビタミンEや亜鉛が多く含まれる食材を摂る必要があります

具体的にはエビかぼちゃ大根のとうがらし抹茶アーモンド豚や鶏のレバー大豆や豆腐などの大豆製品です

ひじきや昆布黒ごまや黒豆など黒色の食べ物もビタミンEが豊富に含まれており妊活には最適です

不足しがちな鉄分葉酸を積極的に摂れる食事を考えよう

 

鉄分は子宮の環境を整え葉酸は妊娠初期に胎児の脳の正常な発達を促すので妊活中から摂取しておくのがおすすめです

しかし、この2つの栄養素は不足しがちで意識して摂取する必要があります

鉄分はレバーほうれん草小松菜大豆製品に葉酸はブロッコリー枝豆焼きのりアボカドいちごキウイに多く含まれています

鉄分は植物性より動物性食品のほうが吸収率が高いことも頭に入れておくと良いでしょう

鉄分と葉酸は妊娠中も特に必要とされる栄養素なので妊活中から出来るだけ食生活を整えて継続的に摂取することで妊娠中の不足を最小限に抑えたいですね

食事を楽しむことが一番

妊娠をしたいからとコレは食べてもいいあれはダメと気にしてばかりではストレスが溜まってしまいます

ストレスを感じることはホルモン分泌を抑制したりホルモンバランスの崩れを引き起こし排卵機能を低下させる原因になります

それではせっかくの妊活も実らずに時間だけが経ってしまいます

これまでの食生活を急に大きく変えるのではなく食材や調理方法食べ方を少し意識するだけでいいんです

そして食事を楽しんでください

妊娠しやすい体を手に入れるためにはまず楽しみましょう!

The following two tabs change content below.
妊娠応援団編集部まとめ

妊娠応援団編集部まとめ

妊娠応援団編集部に寄せられた妊活・不妊治療体験者の貴重な体験事例をまとめました!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*