月経

今さら聞けない!月経と月経周期の基礎知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

◎月経ってどんなもの?

月経とは、成熟した人間の女性および高等霊長類のメスの子宮から周期的に起こる、生理的出血である。

正式な医学用語は月経だが、生理、女の子の日、メンス、アレなど様々に呼ばれる。月経は、思春期に始まり(初潮)、個人差はあるが、閉経時期までの間におよそ28日周期で起こり、通常3〜7日間続く(正常月経周期:25〜38日)

(Wikipediaより抜粋)

成熟した人間の女性および高等霊長類のメスの子宮から周期的に起こる、このフレーズを読むと仰々しいですが、毎月定期的にある正常な出血のことです。

一般的には5~7日程度続き、毎日同じように出血するのではなく、出血量は2日目をピークとしてその後徐々に減っていきます。

女性の一生のうち、初潮を迎えてから閉経に至るまでに月経と平均でなんと35~40年間もともに過ごします。

なぜ、月経は起きるのでしょうか

月経の際の出血は経血と呼ばれ、この経血は子宮内膜がはがれたものです。

子宮の内側は子宮内膜というもので覆われ、月経の周期に応じて子宮内膜がだんだんと厚さを増し、月経前には約1cmほどの厚さになるといわれています。

この子宮内膜、一枚のつながった皮のようなものではなく、細胞や毛細血管などが含まれた組織になっています。

月経が始まるとこの厚くなった子宮内膜の表面部分の組織が溶けて剥がれ落ち、出血が起こります。この出血が月経血なのです。

女性ホルモンによって毎月のように子宮の中で繰り返されているのが月経なのです。

月経周期ってどんな風に数えるの?

月経がスタートした日から次の月経が始まる日までのことを月経周期と呼びます。

例えば1月1日から月経が始まり、次の月経が1月29日から始まれば月経周期は[28日]となります。

月経の終わった日から数える方もいますが、始まった日からですのでご注意を!

個人差はありますが、正常月経周期は25~38日とされています。この月経周期が24日以内と周期が短いものを頻発月経、39日以上のものを稀発月経と呼びます。

また月経の期間は3~7日とされ、1~2日で終わってしまう場合を過短月経といい、8日以上続くものを過超月経といいます。

当てはまる方は婦人科の受診をオススメします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*